【研究会情報】世界の中の和歌 ─ 多言語翻訳を通して見る日本文化の受容と変容 ─(9月3日)

研究会・ワークショップ「世界の中の和歌 ─ 多言語翻訳を通して見る日本文化の受容と変容 ─ 」一般来聴者募集のお知らせ

日時:2021年9月3日(木)10:00~17:00 (日本時間)

開催方法:Zoomにてオンライン開催

参加方法:事前申込が必要です。

  • ワークショップ『千載和歌集』319番歌の各言語への翻訳とその紹介「山ざとのあか月がたのしかのねは夜半のあはれのかぎりなりけり」(秋下・319・法印慈円)

  • 『古今和歌集』933番歌の各言語への先行翻訳の紹介「世の中は何かつねなるあすか川昨日の淵ぞ今日は瀬になる」(雑下・933・よみ人しらず)

※詳細なプログラムや申し込み方法につきましては、リンク先サイトをご覧ください。

https://koten-tagengo.blogspot.com/2021/07/2.html

主催:日本古典文学多言語翻訳研究会

   早稲田大学高等研究所

   スーパーグローバル大学創成支援事業 早稲田大学国際日本学拠点

共催:早稲田大学総合人文科学研究センター 角田柳作記念国際日本学研究所・「創作と翻訳の超領域的研究」部門

日本比較文学会東京支部

支部会員のページ